Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

日本一明るい経済新聞 竹原信夫氏語録で成功を導こう!

ノンカテゴリ

日本一明るい経済新聞 竹原信夫氏語録で成功を導こう!
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

日本一明るい経済新聞とは

平成9年に創刊した、大阪市内を中心に約3万部発行されている経済紙です。
日本工業新聞社(現サンケイビジネスアイ)で、約30年間記者活動をしてきた竹原信夫さんが編集長を務め、中小企業をメインに明るいニュースを取材し、紙面に掲載しています。
元気な中小企業の経営ノウハウをはじめ産業界の話題の新製品、新技術、ビジネスモデルなど
“明るい経済情報”が満載で、読んでいるだけで元気になれる新聞です

竹原信夫さんとは

日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫
昭和23年10月29日生まれ 大阪府出身
昭和46年3月 関西大学社会部マスコミ学科卒
昭和46年4月現フジサンケイビジネスアイに入社、平成9年2月から平成12年10月末まで大阪経済部長、平成13年1月から独立、産業情報化新聞社代表。年間約500人の中小企業経営者に取材、月刊紙「日本一明るい経済新聞」を発行する。
毎日新聞紙面研究会研究員(2008年度)、大阪商工会議所会員紙「大商ニュース(日本一明るい企業情報)」編集協力。
平成22年7月から吉本お笑い総合研究所コンサルティングフェロー、NHKテレビ「おはよう関西」元気な中小企業コーナーに出演中。

出典 http://

そんな竹原信夫さんの講演会から、成功に繋がるエピソードを集めてみました

 人を喜ばせよう!

人から喜ばせてもらうことを待っているばかりでは成功はやってこない。どうやったら人に喜んでもらえるかを考え抜いて、行動することが大切。どれだけの人を喜ばせることができたかが、その人の人生の成功に比例する

大切なお客様を喜ばせるには

 大切なお客様が訪ねて来られたら、帰り際、玄関までお見送りする。見えなくなるまで見送る
・・・・ここまでは当たり前。
 
 さらに、喜んでもらおうと思ったら「お出迎え」をすること。
社長一同約束の時間に、玄関の前に出て待っておく。歓迎の意が伝わってとても喜ばれる。
もしお客さんが遅れてくるようなことがあっても笑顔で待っている。遅れて到着したらお客の方が恐縮して、商談の流れが有利に変わるかもしれない。
  人は受け入れられていると思うと嬉しいもの。嬉しい気持ちにさせてあげる

  

社員を喜ばせる

社長になったら、どうやって社員を喜ばせるかを考えること。

ある会社の試みの例を・・・

「会社は動物園?!」
 会社を動物園に見立ててアイデアを出し合ってみたところ・・・
 ・会議室に「開園時間は●時です」などのシャレのきいた張り紙
 ・自分を動物に見立て目標を宣言する
 「僕はチーターになった気持ちで頑張ります!」・・・誰よりもスピードを重視した仕事をする
 「おうむになった気持ちで頑張ります」ミスの多かった社員・・繰り返し復唱して間違いをなくす
  社長は「キジになります」・・・桃太郎の一行を先導したのはキジ。みんなを率いて頑張る宣言!
  机の上に自分が宣言した動物、チーターやおうむの写真を貼っておくと宣言を忘れない。
 童心に帰って楽しく仕事をすることができる
  
  「お昼ご飯をご馳走する会社」
  前社長の父から会社を引き継いだ2代目の新社長 会社の経営が傾いて大変な時期での引き継ぎで
  社員の給与を減らさざるを得ない状態に・・
  「給料は減らすが、昼ごはんは俺が作る!」と宣言社長自ら、社員の昼食を作り続け、
  お昼ご飯をみんなで食べるようになった結果・・・
     ⇩
  会議をしなくてもよくなった。話が通じるようになった。
  取引先も一緒にご飯を昼食に参加するようになり、コミュニケーションがとりやすくなった。
     ⇩
  結果、会社の業績が大きく伸びた!!

お給料にお弁当!?

給料が銀行振込主流の昨今、ある会社はあえて、手渡しの習慣を変えず、給料日には、お給料と一緒に、豪華なお弁当を一緒につけることにした。
なぜか?
現金で手元に給料をもらうと、ついついパッと飲みにでも行ってしまいたくなるのが人間というものだが、手元に豪華な弁当があれば、それを早く家に持って帰って家族に食べさせようと思う。家で待つ奥さんや子供達は、給料日のたびにお父さんが持って帰る美味しいお弁当を楽しみにするようになり、自然と働いていることへの感謝も生まれてくる。
社員の家族への思いを込めて、給料手渡しの習慣はとても好評で、
会社の業績も上がり続けているという。

大きな声で挨拶をしよう!

仕事にパソコンが導入させるようになって、一日中画面に向かいっぱなしの社員
営業にでる社員が「行ってきます!」と行っても返事がない。
  
社内の雰囲気がなんとなく暗いな・・・と悩んでいたある社長は
おもちゃ屋さんで小さな太鼓やカネを買ってきて、オフィスの入り口に置いてみた。
出るときには太鼓、入るときにはカネ鳴らすルール。

営業社員が外にいくときには「行ってきます」(ドンドン!!)(太鼓) 「行ってらっしゃい」
「ただいま」(カンカン!カネ)「おかえり」
自然とみんな大きな声が出るようになり、活気が出て、結果・・・・売り上げがのびた!
挨拶を大きな声ですることを習慣にすれば、会社の業績も上がる!

いかがですか?真似できそうなエピソードはありましたか?

竹原信夫さんが編集長を務める 「日本一明るい経済新聞」WEB版はこちらからみられます

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう