藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

「加藤浩太郎 GIFTシリーズ」で消費生活センターに泣きついてみた③

ノンカテゴリ

「加藤浩太郎 GIFTシリーズ」で消費生活センターに泣きついてみた③
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

こちらは加藤浩太郎氏の情報商材「GIFT」シリーズを購入し、その後消費生活センターや弁護士さんに泣きついてみたときに経験したことを、リアルに書き留めている記録です。 
 基本こういった商材を購入するのは全て自己責任だと思っていますし、実際に購入して満足した商材も数多くあります。ここでは、闇雲に詐欺だと煽ることは一旦置いておいて、実際にどんなことが起こったかを記録するに留めます。

結論をここで先にいうと
購入したのは
GIFT パートナーズ THE FINAL
GIFT OF GOLD の二つの商材で、合わせて40万円ほど支払い、

後者のGIFT OF GOLDの方は、消費生活センターの方のアドバイスでクーリングオフ手続きをとり、時間はかかりましたが30万円の返金を受けました。
何かの参考になさっていただければ幸いです。

こちらは③話目になりますので、よろしければ①②から続きでご覧ください。

さて、②からの続きです

GIFTパートナーズに申し込みをした人に送られてくる「GIFT OF THE GOLD」のお誘い。電話口での勧誘に思わずクレジット決済してしまって・・・・

クレジットカードでの決済は、とにかく早くと電話で急かされました。これも今考えたらおかしいよね。早く早くって、なんか冷静さを削ぐような言い方で。早く決めないと次の方に権利を移しますって・・・。
慌てたまま決済が終わると、数日後にレターパックライトで重厚な契約書が送られてきました。数ページにわたる、あの、不動産の契約みたいな、綴じ部分に割印押してあるやつです。

同封されている書類にはご丁寧にクーリングオフについても書かれていたので、 
ここで、すぐに消費生活センターに問い合わせをして、
8日以内に配達記録付きでクーリングオフの依頼書を郵送しました。
今、思えば、このクーリングオフをきちんとしておいたのが、のちに成功へと繋がりました。というか、「これは、なんかやばいな。クーリングオフしておいた方がいいな」と思わせる怪しさがあったんですよね。

さあ、書類は送ったんですが、なぜかというか、やはりというか^^;待てど暮らせど音沙汰なし。
24時間ホットラインでいつでも問い合わせができるという加藤浩太郎さんのLineには50本近く問い合わせを送ったと思いますし、事務所にも同じくらい電話をしました。 2回ほど男の人が出てきたので、事情を説明しても、「確認して折り返します」と言ったきり、折り返されることは決してありませんでした。
 1ヶ月ほどたったころ、再び地元の消費生活センターに相談してみることにしました。 電話に出てくれた女性の相談員の方は、「そんな商材を買ってアホだなあ」と思ったに違いないですが、そんなこと少しも匂わせず、とても親身に話を聞いてくださって、救われた気持ちがしました。
 クーリングオフの手続きをきちんと踏んでいるということで、今後、GIFT事務局の有限会社SOULEIADOとクレジット会社テレコムクレジットとの交渉は全てセンターに任せなさいということでした。気分的には地獄に仏❤️ありがたーーい。

さて、その後数週間ほど経って再び消費生活センターの担当者の方からお電話。やはり、事務所に何度電話をかけても繋がらず、一度繋がっても、私と同じ対応をされてラチがあかなかったと。またクレジット会社に掛け合って、返金ができる方向で手続きを進めているので、もうしばらく待ってほしいとのこと。

「やっぱりタチが悪いなあ」と呆れる気持ちと、誠実に対応してくださる消費生活センターの方の気持ちがありがたいのと・・・

とにかく任せて待ってみることに。

結局、毎週のように同じようなやりとりを4、5回やった後です。
ようやく、消費生活センターのご担当の方から、明るい声で電話が!
「やっと連絡がついて、返金に応じるそうです!」「ヤッターーーーー!」センターには一度も出向いていないので、まだお顔も知らない方ですが、なんだかハグして喜びたい気持ちになりました!
 何度となく、電話をかけ続け、担当者が電話口に出た時を見計らって、クーリングオフの手続きを踏んでいる案件なので、返金するしないの選択肢はGIFT事務局にはない、拒否する権利もないとの旨、厳しく伝えてくださったところ、渋々「仕方ないなぁ」と言った感じで返金するということになったそうです。「仕方なくない!!」「当たり前のことですよね!!!!」と、思わず言い合っってしまいました。
クレジットカードの方も、一旦は請求された金額30万円ほどが、無事口座に還り、とりあえずは一件落着・・・と言いたいところ・・・なのですが・・・


最初の案件 GIFTパートナーズ・・・こちらの方がちっとも落着していない!!

最初の GIFTパートナーズに関しては、クーリングオフもしていないし、実際に運用もされていることだし・・・今回は、消費生活センターの方には相談しないことにしました。
だって30万円が無事に帰ってきたわけだし。

もう、それだけで、本当に本当に感謝なのです。

信頼するべき人間とそうでない人間が世の中にはいるんだなぁということ、身を以て体験させていただきました。
まずは丁重にご担当の方にお礼を行って、この件を終了させました。

ここまでで学んだこと!

●契約してしまってもクーリングオフがある。8日間以内に素早く行動する。
 (クーリングオフが効かないケースもあるので注意)
●通知を郵送する時は必ず記録が残る「特定記録郵便」にすること
●そのほか、契約するときには、やりとりしたメール、担当者の名前などきちんと記録する

とにかく・・・・
●ちょっとでも怪しいと思うことがあったら契約しない 直感を信じること!!!!!!


未解決のGIFT パートナーズに関してはさらに時間をおいて、今度は弁護士さんに相談をすることになります。こちらはまた続編を書きますね。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう